『週報』ー思考実験の場。

北野唯我のブログ。人材市場をサイエンティフィックに、金融市場のように捉える為の思考実験の場。

もうすぐ「30歳」ですが、20代前半より今の方が遥かに楽しいよ。

俺は彼女の方をまっすぐ見つめながら、こう聞いた。

 

「もうすぐ30歳になる前、どんなこと考えてた?」

 

そう、俺は今29歳だ。もうすぐ「30歳になること」に気づいたその日から、俺はいろんな人に「30歳を楽しむためのコツ」をヒアリングをしていた。彼女は答えた。

 

「絶望的な気分だった」

「えっ……なぜ?」

「女は28歳までだから、って何度も聞いてきたから」

 

あぁ、これか、と俺は思った。そして、その後の「30代になると、いかにつまらなくなるか」という話の展開を予測したが、彼女は間髪入れずこう語った。

 

「でも、実際なってみると、全然違った」

「違う?」

「30代の方が遥かに楽しい」

 

いわく、彼女は30代の方が、仕事も恋愛も遥かに楽しいと語るのだ。俺は、それを満面の笑みで語る彼女の姿を見ながら、だから俺はこの女が好きなのだと痛感した。そして2つのことを考えた。1つは「一体、こうやって自信をもって語れる女性が日本に何人ぐらいいるのだろうか?」ということ。“少ない”という直感とともに、反対に、東京カレンダーのようなしょうもないコンテンツに隠されているが、「意外と沢山いるのではないか」とも思った。

 

2つ目は、もっと根源的なものだった、それは

 

「年を取ること」は、一体どうあるべきなのか?

 

ということだった。30歳を目前に、俺は「年を取ること」、そのものの“あるべき姿”を考えるようになった。

 

就労感を犠牲にし、大人になる - それが日本?

 

多くの人にとっての“父親像”と同様に、俺にとって父は憧れの存在だった。今でも覚えているが、小学2年の夏、父が勤める会社の同僚たちが行う草野球を観に行くことがあった。もともと運動神経抜群の父は、4番でピッチャー。父が大きな野原に特大のホームランを打ち、ベースを駆け抜ける姿を見て、俺は心を躍らせた。

 

「この人は何でもできる人だ!」と。

 

だが、いつ頃だっただろうか。

 

家に帰った父が少しずつ、会社の愚痴を言うようになり、仕事の話で笑わなくなった。中学生になった俺はそれなりに幼かったが、それを「ダサい」と一言で語るほどには、未熟ではなかった。家族の財政を支えてくれていることは十分に感じていたのだ。

 

ただ、そんな彼の背中を見て俺は一つの事実を心に刻み込んだ。

 

「仕事とは、辛くて、大変なものなんだ」と。

 

そして、俺は“スーパーマンではない父”を受け入れ、それでも愛する努力をするようになった。父と俺は、就労感を犠牲にし、大人になったのだ。だが今になって思う。

 

 “大人になる”とは、就労感を犠牲にすることと同義だったのだろうか?と。

 

経済はこれ以上「豊かになるべき」なのか、俺にはわからない。

 

「年を取るとは、“どうあるべき”なのか?」

 

時は経ち、29歳になった俺は、仕事で日本有数ITベンチャーの社員に取材を行うことがあった。インタビューの中で、ある人がこういった。

 

 日本が今抱える問題は、すべて、“厚労省”が抱えている

 

つまり、彼の言外に含むのは、“経済産業省ではない”ということだ。俺はなるほどな、と思った。というのも、ほとんどの経済施策は、“経済的に豊かになること”を目的においている。だが、「日本は、これ以上、本当に豊かになるべきなのか?」と聞かれたら、自信をもってイエスとは俺は言えない。その時、日本が抱える課題が明確に見えた。それは

 

 “若さ”と、“年を取ること”に対する、考え方が、成熟していないこと

 

だ。多くの国には宗教が存在し、宗教の多くは「年を取ること」に対する指針が明確に存在する。だが無宗教が大多数であり、年功序列システムで生きてきた私たちは、「年を取ることに対する、スタンスがない」のだ。我々は社会人や恋人である前に、歳をとる”考える生物”であるにも関わらず、だ。

 

結果的に、若いということは、単なる“生物的な若々しさ”でしか評価されず、“年を取ることは単に、生物的に衰え、社会人として生きること”で評価されるしかないのだ。それがすべての課題ではないかと感じるようになったわけだ。

 

さてそろそろ終わりにしたい。

 

 30歳の前夜、あなたは、なにを考えていたのだろうか?

 

 あるいは、いずれ訪れるその日に、何を感じていたいのだろうか。

 

意味不明な大人の言葉に惑わされないでほしい。30代の方が遥かに楽しいと語る女性は山ほどいるし、仕事はもっと楽しくなる。ただ、それだけだ。

 

「ルンバ」の数を、犬の水準(900万匹)まで真剣にあげるべきと思う理由。

 

—   丸くて、可愛くて、家族みたいな存在

 

と、聞いて皆さんは何を想起するだろうか? “それ”は日本の犬や猫に続いて飼われているペットである。

 

f:id:yuiga-k:20170807132320p:plain

http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/bn/201103/00373/

 

 

 

答えは、もちろん「ルンバ」である。そして今、私は真剣に、ルンバこそが、日本に一番必要なペットだと思っている。

 

なぜか?

 

そもそも仕事は、時代に応じ「毎年5%弱」、消滅と発生を繰り返している

 

一時期、10年後になくなる仕事という記事が流行ったが、そもそも、マクロでみたとき、仕事は「毎年5%弱」で消滅と発生を繰り返している。

 

f:id:yuiga-k:20170807134501p:plain

内閣府:国民経済計算より作成。2015年。

http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/kakuhou/files/h27/h27_kaku_top.html

 

上の図は、職業別の働く人の数が、1年でどれくらい増減したか、を表している。例えば、この5年で最も働く人が増えた仕事は、情報サービス・調査・広告業であり、1年で5%も増えている*。毎年5%というのは、5年経つと最大で4分の1が入れ替わる数字(28%)になる。減るほうも同じ傾向である。

*複数年で見ても同じ傾向が見られる。

 

そして、「1人が働かなくなる」ということは、彼が担当していた「1つの仕事」が消えることを指す。「AIが出現するかどうか」に関係なく、仕事とはそもそも毎年、最大±5%で、消滅と発生を繰り返しているものなのだ。

 

 

問題は「仕事の変化」が先行し、「価値観の変化」が、一足遅れること 

では、今「10年後になくなる仕事」が取り沙汰される理由はどこにあるのか。それは「仕事の変化」のスピードに対して、我々人間の「価値観の変化」が追いつかないことにある。分かりやすくいうと、

 

 人間の価値観は、毎年5%も変わらない

 

ということだろう。

そして、このギャップは「産業革命」からスタートした。というのも、このギャップは、産業革命後の「仕事」は大きく3種類に分類できるようになったことに起因する。

 

f:id:yuiga-k:20170807133424p:plain

 

(参考)

①   人間しかできない仕事

②   人間でもできる仕事

③   機械がすべき仕事

 

 

テクノロジーの進化は、この「機械がすべきこと」の領域を拡大させた。自動車に始まり、パソコンもそうだ。そして空いた時間を、我々は「人にしかできない仕事」にまわすことができるようになった。一方で、人間は、仕事の変化のスピードに感情的には追いつくことができず、産業革命が起きるたびに

 

  かつては人間がやっていたことを機械が代替する「寂しさ」

 

と戦わなければならなかった。人間とテクノロジーの間にある「就労感」の変化は、常に“このギャップを埋める形”で進んできた。

 

 

では今この瞬間、2017年。一番“ギャップが存在する部分”はどこか?と問われたら、私は「掃除(家事)」だと思うのだ。

 

 

すべての労働の価値観は「学校の掃除」から生まれている。

 そもそも、私たちは小さいころから「掃除とは必ず自分でするもの」だと教えられてきた。

 

日本の多くの学校では、掃除当番なるものが設けられ、順番制で掃除を受け持ってきた。あるいは、田舎では定期的に「町全体の掃除」が行われ、これに参加しない者は「村八分」という強烈なペナルティーを受けてきた。こういった経験を経て、日本人の掃除に対する価値観は、強烈なものになった。

 

 掃除とは、“絶対に”自分がしなければならない仕事

 

だと教え込まれてきたわけだ。もちろん、それがゆえに、日本の清掃率は極めて高く、街でポイ捨てでもしよう人間がいれば、「寒い目」で見られる。このようにいい面もあった。だが悪い面もあった。とりわけ、「就労感の変化」に対するボトルネックになっていると思うのだ。

 

 

10年前から人々が家事にかける時間は変わっていない。

近年、日本政府は、女性の社会進出のためにいくつかの方針を決めた。

 

(参考)女性の社会進出に向けた主な施策

長時間労働の是正

健康で働きやすい職場環境の整備

非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者

の正社員転換・同一労働同一賃金などの待遇改善等

テレワークの推進

http://www.gender.go.jp/policy/sokushin/pdf/jyuten2017_honbun.pdf

 

私が個人的にこれらに思うのは、もちろん「やったほうがいい」だろうが、「もっとすぐできて、やるべきこと」があるということだ。それがリアルな話、「ルンバ」の導入である。というか、ルンバに加えて、食器洗い乾燥機と、ドラム式洗濯機、ベビーシッターの導入である。

 

これを理解するには、まずきちんと“データ”を見る必要がある。

 

そもそもだが、人が誰かと同じぐらい活躍するためには、「チャンス」が平等であった方がいいのは間違いない。例えば、女性が、仕事場で男性と同じぐらい活躍するためには、「時間」という“機会”が男性と同じぐらい必要である。だが、現実はそうなっていない。

 

f:id:yuiga-k:20170807133650p:plain

 

上の図は、共働き夫婦と、専業主婦家庭の「時間の使い方の差」を表している。ともに、子どもがいる家庭を想定している。ちなみに、この図は、とても味わい深いもので、例えば以下のことがわかる。

 

 男が「どれだけ家事に参加するか」は、妻が有業か無業かに、全く関係していない(緑の枠)。単に、その人の性質に基づくものなのだ。

 

加えて、共働きの女性は、男性より、4時間も働ける「チャンス」が少ない。そして、その少ない分は、ほぼそのまま「家事」に充てられている。今後、4時間分の家事を、少なくとも半分は男性が担当するようになると仮定しても、シンプルに考えれば、

 

 女性が(望めば)追加で「2時間」の働けるチャンスを作り出すこと

 

が大事なのは明白だ。そして現実的なラインとして可能な打開策の一つが、日本にまだ200万台しかない「ルンバ」と、普及率28%にとどまっている「食器洗い乾燥機」、乾燥機付きドラム式洗濯機を導入し、家事の中で「洗濯」「掃除」「食器洗い」の時間を効率化することだと思うのだ。

 

※参考:平均的な1日の、家事に使う時間の内訳

食事(お弁当含む)準備、後片付け……120分

洗濯2回(干す・たたむ)……30分

掃除……35分

買い物(食材など)……30分

幼稚園の送り迎……60分

合計:4時間35分

 (参考)https://ameblo.jp/tamicocoro/entry-11351088126.html

 

 

あなたはここまで読んで

 

 「ふーん」

 

 「家事の効率化が必要なんて、当たり前じゃん」

 

と感じるだろうか。だが、家事の効率化に限らず、“数字に基づいて”ディスカッションされていないことが問題だと思うのだ。

例えば、時短勤務や、プレミアムフライデーなど、よくある “労働時間を短縮する”施策がその象徴で、これらはそもそも「急激に進められるもの」ではない。だが、数字に基づいてディスカッションされていないから、現実的に達成可能なラインを超えた施策が打ち出される。

 

どういうことか?

 

例えばGDPをキープしながら労働時間を8時間から、7時間に短縮する施策をしたとしよう。これを達成するには、生産性の劇的な向上が必要となる。具体的にどのくらいかといういと、シンプルに考えれば、14% (8÷7)だ。

しかし、マクロで見たとき、そもそも生産性は年間で3~5%程度しか改善されない。

 

f:id:yuiga-k:20170807134030p:plain

 

※直近10年間で生産性を10%以上改善したことがあるのは、2010年の「製造業」と、2013年の「金融・保険業」の2回しかない。しかもそれらはリーマンショックの変動によるもの。(赤い太枠と青塗り部分)

 

日本最強のトヨタですら、毎年1%しか改善できないものを、「14%改善せよ」といってもほとんどの会社にとって、それは不可能に近い。「労働時間を1時間、短縮すること」は、我々が直感的に感じるよりもはるかに難しいのだ。

 

これらの数字に基づけば、現実的なラインとしては、

 

 1日15分早く帰ろう (3.2%の改善)

 

というのが現実的だと思うのだ。

 

 

必要なのは、「数字に基づいた施策」

 

何が言いたいのか? それは

 

 日本にはびこる「自前主義」の弊害と、

 数字に基づかない議論の危うさ

 

についてだ。ベビーシッターを使ってはいけないとか、洗濯は自分でやらないといけないとか、掃除は自分でやらないといけないとか、それら自体は別にいい。洗濯が好きな人もいるし、掃除が好きな人もいる。だが、平等な活躍を推進しつつも、数字に基づいて議論が進まないのは、かつて日本企業が成果主義をいきなり導入して失敗したときの姿に似ているように感じる。

 

そもそも、時間は誰にでも24時間しかない中で、それを無視して、非現実的な形で「すべての人が平等に働く。だから頑張れ」というのは、定性的で、ロジカルな意思決定だとは思えない。むしろ、人々にさらなるプレッシャーをかけるように思える。

 

「ルンバ」は極めてわかりやすい比喩だが、

 

必要なのは、ミクロで見た、だが数字に基づいた施策、

 

だと思うのだ。皆さんはどう思うだろうか?

 

 

 

金曜の夜に「早く月曜こないかな」と呟いたら、女の子にブチ切れされた話

ああ。なぜ男とはここまで愚かなものなのだろうか。言ってはいけないことを言ってしまった。全てはこの一言から始まった。

 

「早く月曜来ないかな」

 

魔弾だった。他意はなかった。だが、一度放った言葉はめちゃくちゃに世界を巻き込み、彼女の鼓膜までたどり着いた。

 

「……え?」

 

「……ん?」

 

「なんて言った? 今」

 

「へ……っ?」

 

“金曜日の夜”というのは、サラリマーンにとって審判の一日だ。その一週間よく働いた者はビールを甘く飲む権利を持ち、その1週間ヘマをした人間は3日後にくる月曜の朝が憂鬱になる。だが、俺はそれをはるかに超えてナチュラルにこう思った。

 

「早く、月曜来ないかなー♪♪」

 

そう、ここまでは良かった。だが問題はそこじゃない。それをあろうことか、金曜の夜にシャンパンを持ち、俺と会うことを2週間前から楽しみにしていた女の子の前で呟いてしまったことだ。

 

そして今、彼女はシャンパンを静かにテーブルの上に置いた。そして真っ直ぐ俺の方を見てこう言った。

 

「それってさ、どういう意味?」

 

「……あ、いや、えーっと」

 

「はい。」

 

「……違う。違うんだ」

 

一体全体、何が“違う”のだろうか? この世界に普遍的なルールがあるとしたら、それは男がいう「違う」という言葉は一切“違わない”ということだけだろう。これぐらい俺も大人なのでよく知っている。こうなるともはや何を言っても意味はない。一度放った言葉は決して戻ってこない。俺は確信した。

 

「これは、ただひたすらに、謝るしかない」

 

同時に俺は、そもそも、女が抱える矛盾も痛感していた。俺のこの病気を名付けるとしたら“空気読めない病”だろうが、彼女の症状は「仕事好きな人が好きだけど、私だけが特別でもいて欲しい病」だ。もはや1つの定理なのではないかというほど、世界に遍在している理論だ。

 

 

・論点:「仕事って、楽しくあるべきなのか?」

さて、この問題は極めて強烈な問いを我々人類に問いかけている。それは

 

—   仕事って、そもそも、楽しくあるべきなのか?

 

ということだ。だが、この問題を解くためには、まず「性癖とは何か」について説明しなければならない。俺に100の性癖があるとして、その中で一番問題を起こし得る性癖があるとしたら、おそらくこれだろう。

 

 バリキャリ女子が、好きすぎる。

 

そう、俺は仕事が好きな女子や、バリバリ働く女子が好きすぎるのだ。例えば、友達にもし「マッ◯ンゼーの女の子と飲むんだけど、くる?」と言われたら俺はすべての仕事を投げ捨て1秒でイエスと返信するだろう。あるいは、ゴールドマンサッ◯スならどうか? もはやノールックで付き合ってくれないかなという気分になる。もっというと「30歳で会社を経営しています」なんて女性と会おうもんなら結婚すら頭によぎる。

 

少なくとも俺は俺以上に “バリキャリ女子が好きな29歳のオス”を東京の渋谷区では見たことがない。少なくともそう勘違いするほど、バリキャリ女子が好きなのだ。したがって俺はしばしば友達にこの話をするが、いつもこう言われる。

 

「全く理解できない」

 

「理由は?」

 

俺はこの質問をしてくる時点で、ばかたれと怒りたくなるが、その気持ちをぐっとこらえて、その理由を真面目に答えるとしたらこうだ。

 

“確かに積み上げてきたものと、それに相反する2つの気持ちが両立している姿に、美しさを感じるから”

 

 

……

……

……

意味不明だって? うん、きっとこう思っただろう、「よくわからん」と。

 

間違いない。俺も俺自身が今何を言っているかよく分からなかった。だが、ちゃんと説明したい。世界には実は2つのルールが存在しているということを。

 

・世界には「相関のルール」と「逆相関のルール」が共存している。

 

世界には、様々なルールが存在しているが、その根元には、さらなる2つの「大ルール」が存在している。

 

f:id:yuiga-k:20170731130720p:plain 

 参考:世界には2つの大ルールが存在している

 

俺がバリキャリ女子が好きな理由は、普通なら「相反してしまう2つ」が共存していることが、男の世界ではなかなか起こり得ないからだ。例えば、男というのは単純なルールで、1つの数値が高ければ、他の項目にも正の相関を与える傾向にある。例えば、背が高いほどモテる。金を持っているほど、モテる。賢いほど、モテるだ。だが、女性は必ずしもそうではない。

 

だからこそ、「男性ですべてを持つ人」よりも、女性でそれを持つ人に、とてつもない魅力を俺は感じるわけだ。俺は俺ごときがどれだけ頑張っても決して乗り越えることの出来ないであろう、圧倒的な美しさをそこに見いだす。

 

言い換えれば、俺のような男はいつまでたっても、2週間前から俺と会うことを楽しみにしてきた女の子の前で「早く月曜来ないかな」というような無神経な発言ができてしまうわけだ。なぜなら、俺の中に相反するルールが存在していないからだ。

 

……さてここまで聞いて、あなたはこう思っただろう。

 

「この人変わってんな」

 

だが、ちょっと待って欲しい。俺は真剣に思うのだが、俺は変わっていない。むしろおかしいのは世界の方だとマジで思っている。むしろ、一体あと何年経ったら、世界は俺に追いつくのだろうか?とすら思う。

 

……

 

これはちょっとだけ、言いすぎた。

 

・金曜の夜に、いうべきこと

 

とにかく、そろそろ終わりにしたい。

 

一体、こいつは、何が言いたいのかって? それはというと

 

 世界には相反するものが、もっとあってもいいのじゃないか。

 

ということだ。かつて俺は「人類は、映画を1.4倍速で見てもいい」という定理を証明したが、その時に、世界にはサプライヤーロジックと、ユーザーロジックの2つがあることを説明した。

 

だが、このとき、俺はもっと根本的で大事なルールの説明を省いた。それが、まさにこの「大ルールの違い」だ。具体的には「小さなルール」の違いは、人は乗り越えることはできるが、「大ルール」の違いを人は完全には乗り越えることは出来ないという絶対的な限界線だ。

 

俺は確かにダメな人間だ。おそらくこんな下らない文章を最後まで読んでくださった男女の99%が「この人モテなさそうだなー」と思って、生物として俺を今見下していることだろう。これは間違いない。別にいい。俺は空気が読めないことだけが唯一強みのビジネスパーソンだ。だが、それでもこれだけは得意なことがある。それは

 

「違う大ルールで生きている人間の美しさを認めること」 だ。

 

かつて、物理学者のニールス・ボーアはこう語った。

 

『この世には、2種類の真実が存在している』

 

2種類の真実とは、「小さい真実」と「大きな真実」である。そして、小さい真実は簡単に見つけることができる。なぜなら、その反対が虚偽だからだ。だが、「大きな真実」は見つけるのが難しい。なぜなら、その反対には、もう一つの真実があるからだ。

 

さて、

 

今でも正解が分からない。だから教えて欲しい。

 

俺は、あの夜、なんと言えば良かったのだろう? と。

 

 

  
ーー北野唯我(KEN)Twitter はこちら ※最新の採用マーケット情報を配信中