『週報』北野唯我のブログ

北野唯我のブログ、プロフィール、経歴など。人材領域をサイエンティフィックに、金融市場のように捉える為の思考実験の場。

22歳、32歳、そのときにしか書けないこと。を書いて歳をとりたい。

 

「文章を書きたいんだけど」

 

という相談を受けるようになった。どうやら話を聞くと、動機はさまざまみたいだ。

 

・自分の会社の広報のために

・誰かに伝えたいことがあるから

・もっと自分のことを世の中に知ってほしいから

 

などなどだ。正直な話、僕は自分の文章が特段うまいとは思っていない。とくに、構成(プロット)はひどいし、何より語彙が少ない。それでもこうやって本を書き続けさせていただけているのは、とてもありがたいことだと思う。

 

だから、「僭越ながら」という前提を置きながらも、それでも一応、みんなにシェアできることもある。それが

 

 ・文章を書くとは、結局、「覚悟の問題」なのだということ。

 

どういうことだろうか?

 

伝えたいことを、伝える。それは「覚悟」がいること

 

そもそも伝えたいことがあること。

 

それは明らかに能力のひとつだ。文章がうまくなる素養が1つだけあるとしたら、間違いなく「伝えたいことがある」だ。伝えたいことがあれば、あとは技術の問題で、習得が可能だ。ただ、普通、文章を1つや2つは書けたとしても、たくさん書き続けることは難しい。「そこまで、伝えたいこと」がないからだ。あるいは、「自分の存在証明」にそこまでのエネルギーを使えない。

 

でも、世の中に対して違和感を感じるひとや、自分の価値を信じるひとのなかには、伝えたいことが次から次へと湧いてくる人がいる。それは間違いなく才能の1つだ。

 

だから、「文章を書きたい」という以前に、「伝えたいことがあるか」は、文章を書く際にはとても大事なことだと思う。

 

この半年は、正直なところ、ほとんどプレイベートがないぐらい忙しかった。その理由は、新作の執筆だった。しかも、二冊同時に出る。自分にとっては三冊目・四冊目の単著になる。ただ、今回が一番、悩んだ。それは

 

「いったい、何のために、俺は文章を書くのだろうか?」

 「なぜ本をつくるのか?」

 

という問いだった。まさに、自分が伝えたいことがまだあるのか? という根底への問いかけだった。それでも本は生まれた。その理由は、死生観に基づくものだと思う。

 

切迫感

 

「32歳までにビジネス書のベストセラーを出す。そうでなければ、死んだほうがいいな」

 

それが、正直なところ、28歳ぐらいからずっと感じていたことだった。20歳の頃に気づいたことは、自分はビジネスが好きだ、ということだった。もともと、高校時代に(いわゆる)社会起業家として活動してきた自分が感じたことがあった。それは、ボランティアでは世界は変わらない。ということだった。善意だけで救える世界は限定的だと理解した。

 

そんな僕がビジネスに興味をもつことはある意味で必然だったかもしれない。ただ、その中で憧れたのは「起業家」ではなかった。どちらかというと、作家性を兼ね備えた参謀という感じのひとだった。

 

たとえば、クレイトン・クリステンセンや、ダニエルピンク、三枝匡大前研一といった人物たちだった。陳腐な言い方をすると、「ビジネスインテリ作家」という枠だろうか。世界を構造化する審美眼と、作家性、その上で、文体からも感じる熱いパッション。そんな人間になりたい、と思った。

 

いつしか、その憧れは夢となり、そして、「絶対にこの領域で成果を出したい」という覚悟まで変わった。それが、32歳までにベストセラーを出す、ということだった。

 

なぜ、32歳か? それは、大前研一さんが『企業参謀』という大ベストセラーを出したのが、その年だったからだ。もし、32歳までに本格的なビジネス領域でベストセラーを出せなければ、自分は何の領域でも日本のトップにはなれない。そう思った。

 

これはある意味で敗北からのスタートだったと思う。自分は、絶対に孫正義には勝てない。柳井正にはなれない。起業家としては、日本でTOP5%にも入れないだろう。だったら、僕ができることはなんなのだろうか? それを考えつづけた。

 

それが

 

「働くひとへの応援ソング」を作りたい。

 

ということだった。ビジネスパーソンは日本だけでも6,700万人もいる。そんな彼らを勇気付けられるようなものを作りたい。そう思った。高度にビジネスの世界を理解しながら、ビジネスパーソンに知恵と勇気をシェアできるような作品。それを作りたいんだと思った。読んだ後に、世界の見え方が変わる「理論」がある。そして、「勇気」がでる本。

ビジネスパーソンは、多くの人が大小の悩みを持っている。彼らに知恵と勇気を与えられたとしたら、これ以上に嬉しいことはあるだろうか? 僕が本を書く理由はそこにしかない、と気づいた。

 

22歳、32歳、そのときの「全力」を世の中にぶつけた文章は心を動かす

 

「何をかけばいいのか?」

 

というのは、作家にとって永遠の課題だ。

その中で、おそらく大事なことの1つは

 

「今、この瞬間、この年齢だからこそかける文章を書く」

 

ということだ。これは、ある編集者が言っていた。その編集者は、世界的な経済誌のヘッドクオーターの編集責任者をしているが、彼はこういった。「北野さんは、きっと、死ぬまで、文章を書き続けると思いますよ。今の年齢だからこそかけることを書いて、それを数年後に自分でぶち壊していく。そういう風に生きていくと思います」と。

 

なるほど。そうかもしれない。

でも、これは僕だけではない。きっと、みんながそうなのだ。

 

書くこととは、足跡を残すことだ。今の自分、いまのあなたが感じること。それは、未熟で、完成なんてされていない。でも今を生きるエネルギーや、伝えたいものがあるなら、今のあなたを残すべきなのだ。それは、10年後の自分からしたら笑っちゃうような、些細な話かもしれない。でも、その瞬間に生きた言葉こそが、今の時代を生きるひとたちの「応援ソング」になる。だから、今しか書けないことを書くのだ。

 

知っているだろうか? 完璧な瞬間なんて永遠に来ない。世界の真理を理解するタイミングなんてこない。誰もが認めるほど、あなたが出世してからでは遅い。偉くなったあなたの言葉はたしかに、きっと役に立つだろう。多くの人から尊敬を得られるだろう。だが、必要なのはそれではない。必要なのは今なのだ。今のあなたが感じること、今の自分が信じる言葉、自分が自分を疑わないために、今の瞬間を全力で書ききる必要があるのだ。なぜなら、多くの人にとって、最も応援ソングを必要としているのは隣の誰かではなく、あなた自身だからだ。

 

カードの出し惜しみなんてしない。

 

普段、IT企業の役員として働いていて、思うことがある。それは、あまりに多くのひとが、「カードの出し惜しみ」をすることだ。それは、あるときは、謙遜であり、あるときは、自分を守るための保身でもある。

 

このカードを出して、もし負けたらどうしよう? こんな大事なことをシェアしたら損だな、とか。そういうことだ。でもそれは違う。

 

文章を書くとか、物語を作るとか、新しいことをやるとか、そういうのは、「出し惜しみして勝てるほど、甘くない世界」なのだ。自分が持っている全てのことを、毎回毎回、1000%出し切る。そうやって紡ぎ出された言葉じゃないと心は動かない。絶対に売れない。読者にもバレるからだ。

 

「出し惜しみしない?」

「そんなことしたら、枯れちゃうじゃないか」

 

と思うかもしれない。気持ちはわかる。でも、これは断言できる。出し惜しみした言葉など、誰の心は動かせない。誰の心も動かせなければ、新しいチャンスは回ってこない。一方で、覚悟を決めた全力のストレートは、誰かの心を動かせる。それが必ず、あなたのチャンスの幅を広げてくれるかはわからない。だが、1,000%言えるのは、出し惜しみした言葉では、絶対に、永久にチャンスなど回ってこない、ということだ。

 

今、32歳になった。

 

この32歳にしか、書けない、究極の応援ソングが二冊できた。1500円だ。はっきりいって、絶対に、1500円以上の価値はある。これまでの『転職の思考法』『天才を殺す凡人』が完成したときとは違う感覚がある。あの二冊の時は、自分に半信半疑だった。もちろん、全力は出した。価値のある本だと思う。でも、迷いもあった。今回の作品は違う。100%、1500円以上の価値はある、と言い切れる。だから、自信を持ってオススメできる。

 

それぐらい、32歳の自分にとって集大成であり、全く出し惜しみせずに作った本。発売します。『分断を生むエジソン』と『オープネス -職場の空気が、結果を決める』。

 

『分断を生むエジソン』 2019年11月28日発売 (講談社

 

f:id:yuiga-k:20191117101257j:plain

『分断を生むエジソン』ーかつてほど学歴や社歴が力を持たなくなった時代の「影響力」の正体とは? 

 

『オープネス -職場の空気が結果を決める』 2019年11月28日発売 (ダイヤモンド社

f:id:yuiga-k:20191117101447j:plain

840万人の従業員データでみえた、「職場の空気」が結果を決める理由。初の本格経営書が発売

 

f:id:yuiga-k:20191121153454p:plain



 

現代は、つくる人に「物理的には」優しいが「精神的に」厳しい

年末年始は、原稿を書き尽くした。机の上は散らかり、コーヒーの香りが部屋にこもった。

f:id:yuiga-k:20190105121952j:plain

そんななか、気になるツイートをみた。

りょかちは昔一緒に仕事をしたことがある。うちの会社でインターンをしてくれていた。そのりょかちがうるさい。

 

「米津玄師」

普段、Spotifyをたれ流しているだけの僕でも、この名前は知っていた。僕は部屋から出て、紅白を見た。キャンドルと大塚国際美術館の世界観があいまって、圧倒的な迫力を持って見えた。彼の演奏をみた人は

 

天才と呼ばれる理由

 

を感じたのではないだろうか。

 

現代は「作る人」に優しいのか? それとも厳しいのか?

『動画2.0』という本がある。この本はとても面白く、その中で著者・明石ガクト氏はこのような指摘をしている。

スマートフォンの普及によって誰もが動画を作れるようになった。動画の時代がきている」

と。いわく、これまでは大型の設備が必要だった動画作成が今でもはスマホさえあれば誰でも作れるようになったのだと。なるほど、たしかにインスタグラムや、tiktokの大流行には「技術革新で動画が作りやすくなったこと」は確実にありそうだ。

そのとき思った。

 

「現代は、実は、作り手に優しい時代なのではないか?」と

 

コンテンツは「消費する側」と「作る側」には圧倒的な差がある。

映画を観るのが好きな人と、映画を下手でも良いので作る人の間には、100万倍近い差があるなぜかというと「希少性」である。いわずもがな「作る側」の方が希少性が圧倒的に高い。

 

だが、その時代は変わりつつある。たしかに昔は「作ること」は難しかった。
たとえば株式会社は資本金1,000万円が必要であったし、スマホもなければ、ブログもなかった。AWSもなかった。

だが、現代は違う。スマホを買う金さえあれば、誰でも「作り手」に回ることができる。

ぶっちゃけパソコンさえ要らない。たとえば、僕は『転職の思考法』を全て、スマホで書いた。11万部売れた。そしてこの原稿も新幹線の中でスマホで書いている。

 

つまり、我々が、作る側にまわるために必要なのは

スマホ

・充電器

・勇気

でしかないのだ。合わせても10万も行かない。ではこれは何を変えたのだろうか…?

美術館は、代表作ではなく「佳作」をみるべき理由

 

僕は美術館によく行くが、その際、有名な画家の「代表作」ではなく「佳作」にこそ味があると思っている。

誰もが知っている有名な作品(代表作)には当然、凄みがある。一番の楽しみだ。だが、もっと面白いのは佳作のほうだ。代表作には、それができる前に何十もの「佳作」が存在している。このとき、僕は2つの側面を持つ。「コンテンツを消費する側」と「作る側」の視点だ。

具体的には、コンテンツを消費する人にとって大事なのは「代表作」だ。だが、クリエイターにとって重要なのはむしろ「佳作」だ。なぜなら佳作は「模倣し、勉強する過程」を学べるからだ。

 

この差が「天才と凡人の差」を決定的にする。たとえば、前述した米津玄師氏ですらそうだ。


彼は10代の頃から、ニコニコ動画で作品を作り続けてきた。その積み重ねが、いま、圧倒的な才能を開花させたのだ。

 

もうすぐ『天才を殺す凡人』という本が出る。この本のコアのメッセージには、才能にはそれを表現するために「武器」が必要だということだ。

どれだけ才能があったとしても、武器を鍛えるチャンスがなければ、才能は世の中に出ない。そしていま、世の中には山ほど「武器を鍛える場所」が存在している。

 

テクノロジーは常に「使い手の資格」を求める。車は世界最大のテクノロジー約物でもあるが、人殺し道具にもありえる。SNSは天才を殺す武器にも、活かす武器にもなる。今の時代、作り手に回る方が明らかにリターンが大きい。だが、それには勇気がいる。それを乗り越えるための理論をシェアしたい。我々は再度問わないといけない。

 

・いつまでも消費する側でいたいのか? それとも、覚悟を決め、作る側に回るのか?

 

書いた。

  

▼1月18日(金)『天才を殺す凡人』発売(北野唯我、日本経済新聞出版社)

f:id:yuiga-k:20190104170449p:plain

天才を殺す凡人表紙

f:id:yuiga-k:20190104170648j:plain

 

 

 

 

多数決は天才を殺すナイフだ。「共感」は恐ろしい

昔から「多数決」の意味が分からなかった。

なぜなら「たくさんの人がいいと言ってても、間違っていることは山ほどあるのに」と思っていたからだ。

f:id:yuiga-k:20190105114415j:plain

あれは高校の卒業式だった。僕は、高校の卒業式に出ていない。

理由は

「髪の毛が長くて、ツイストパーマで茶髪だったから」

だ。当時は校則が厳しく、僕の髪の毛はたくさんの点でアウトだった。だからリハーサル前日、担当の数学の先生に呼び出され、こう言われた。

「髪切ってこい。さもないと出さないぞ」

はえ!と言いつつ、こう思った。

「なぜ卒業式に、でないといけないのだろう?」

と。僕は不良だったわけではない。むしろ学祭では前に立つ立場だったし、社会起業家としても活動していた。つまり、意識はとても高かった。不良ではなかった。

だがこう思った。

「なぜ、他の人がやってるから、やらないといけないのだろう?」

と。数学の先生は良い先生だった。とても感謝していた。だから、こう言った。

「だったら出なくて大丈夫です、先生。これまでありがとうございました」

僕は深く頭を下げた。

先生は目を丸くしていた。驚いていた。

そして卒業式は欠席した。

 

ーーー

「多数決は嘘をつく」

これは振り返ると大学受験もそうだった。僕はいろんな理由があり高校を3分の1ぐらい休んでいた。学校に行ってなかったのだ。

朝、学校に行くふりをして家を出て、コンビニでジャンプを買い、公園で時間を潰したあと、父親のふりをして学校に電話を入れていた。シンプルに「学校にいく意味」がなかったからだ。


学ぶ意味がよく分からなかった。なんのために生きるのか、なんのために学ぶのか、が理解できなかったのだ。

でも学校にいくと
「勉強すること」は当たり前のようだった。

当時の僕からみると、周りの同級生たちは思考停止の人間にみえた。「なんのために学ぶのか」を考えずに、「周りの人が勉強するから勉強している」ように見えていた。。だから、学校に行かず、Perlという言語を学び、ひたすらゲームを作ったりしていた。あるいは、ギター片手に曲を作ったりしていた。

 

その方がよっぽど「価値がある」ように見えたからだ。

 

やがて時はたち、31歳になった。今になり二つのことを思う。

一つは「自分が明らかに間違っていたこと」
もう一つは「自分があっていたこと」だ。……?

・間違っていたこと→「世の中で支持されていること」はそれだけでパワーがある

まず一つは、明らかに自分が間違っていたことだ。具体的には多数決には「価値があるときも」ある。
世の中に広く慕われているものには、それはそれで価値がある。だから、僕は部分的に間違っていた。

サピエンス全史が指摘したように、人々が信じているものは往往にして「幻想」だ。だが、その「幻想を信じていること」自体が価値があることがある。数学の先生が言うことは正しかったのだ。

 

しかし、もう一つは16歳の僕が正しかったことだ。具体的には、共感性は「マイノリティ」にとっては意味がない、と言うことだ。

・多数決は天才を殺すナイフだ。「共感」は恐ろしい

普通の人は「共感できるかどうか」によって物事を決める。新著『天才を殺す凡人』で指摘したように、それは多くの人にとっては正しい。

だが、共感はマイノリティにとってはノイズでしかない。共感とは「共通の国籍や、バックグラウンド、思想を持ち合わせた人たち」のためのものだ。その間に入れないマイノリティには価値がないのだ。1つの要素でしかない。

これは仕事でもそうだ。

これまで10年弱、企業のストラテジーに携わる仕事をずっとしてきた。そこで思うことは「共感による意思決定は誤る」ということだ。経営において大事な意思決定は「絶対に共感性だけで決めてはいけない」とすら思う。

 

それは、易きや現状維持にながれるからだ。

 

そもそも「共感できること」とは、過去に起き、すでに皆が感じてきたことの延長線上だ。

その意味で「共感による意思決定の先にあるのは、ただの現状維持」なのだ。それは新しきを作るモノにとっては邪魔になりえる。

天才を殺す凡人という本を書いた。もうすぐ発売される。その事前モニタリングで、素晴らしい感想があった。

(感想より) 20代・女性・IT

私は凡人の側面が圧倒的に多いのですが、「多数決こそ、天才を殺すナイフとなる」と文中にあった時に、小・中・高校と、何かを決めるときに、(机に伏せて挙手をするので匿名性はあるものの)「多数決で決めよ〜」という流れが常習化しすぎていて、「大多数の意見こそ、善」ということがどこかしらで刷り込まれているのも、天才を殺しているのかなと思いました。

社会に出てから、尖っていたり、何かに特化していたり、個性がないと、結局個として、輝けないなとも思えて、「良い人になろう」と思っていた私にとっては、結構衝撃だった。

 

我々は誰もが才能を持っている。それを確かめるための本。ぜひ、皆で読んでディスカッションしてくれる人を求めています。

(続く)

 

 

▼1月18日(金)『天才を殺す凡人』発売(北野唯我、日本経済新聞出版社)

f:id:yuiga-k:20190104170449p:plain

天才を殺す凡人表紙

f:id:yuiga-k:20190110100625j:plain