『週報』ー思考実験の場。

北野唯我のブログ。事象をサイエンティフィックに、金融市場のように捉える為の思考実験の場。

「嫉妬と恐怖」を、マネジメントする力

 

あなたにとって

 

「21歳の自分に伝えたかったこと」は、なんだろうか?

 

最近聞いた話だが、心に響く文章には法則があるらしい。それは「特定の人」に向けて書かれた文章だ。ここまではよく聞く話だが、この「特定の人」とは実は2パターンあるらしい。1つはその名の通り「特定の誰か」。もう一人が、「過去の自分」。

 

となると、文章というのは面白い。なぜなら、誰にとっても「過去の自分」は存在する。であれば「誰でも心に響く文章を書く素養」があるということだ。

 

では、自分にとって、21歳の自分に伝えたかったことはなんだろうかと考える。それは間違いなく

 

「嫉妬と恐怖」をマネジメントする方法、だったと思う。

 

嫉妬と恐怖の気持ちは、基本的には邪魔だ。一方で、負の力をうまくマネジメントすれば、大きな力にもなる。つまり本質的に伝えたいのは「どうやって負のエネルギーをうまくコントロールするか」だ。

 

「嫉妬と恐怖」が組み合わさった環境を、作ってはいけない

 

どんな人の心にも「小さな悪」はある。心の衛生状態がダメだと、悪の心は育ち、いずれ自分を飲み込むようになる。そして、悪が育つ一番の土壌は「嫉妬と恐怖が揃ったとき」だ。

 

f:id:yuiga-k:20180112165856p:plain

 

 

30歳になり、人生を振り返ると、これまで何度も「ダースベーダーになる機会」があったと思う。例えば「恐怖」。小さい話でいうと、地方出身の人間にとって、東京という町は、そのものが怖い。あるいは、若い頃からドメスティックな家庭に育った人間にとって「海外で生活すること」はもっと怖かった。

 

加えて、キャリアにも「恐怖」は存在した。

 

21歳の頃は、当然のように、1つの企業で働き、一生を終えると思っていたが、現実は大きく違った。企業を飛び出し、何者でもない自分に向き合うことが複数回あった。自分の無力さに向き合う作業、それは「恐怖と向き合うこと」以外の何者でもない。少なくとも、レールに乗ってきた人間にとっては。

 

それでも、人が恐怖を乗り越えてこれたのは「確かなもの」を持っているからだ。ある人にとってそれは、勉強や部活を積み上げてきた実績かもしれない。あるいは、家族や恋人かもしれない。だが、自分にとっての「確かなもの」は他の人とは少し違った。

 

端的にいうならばそれは「思考の歴史」だ。若い頃から、孤独と向き合う、長考の歴史だ。人生とは何か、生きるとは何か、それを問い続ける経験は、必ず「確かなもの」につながっている。21歳のあなたに伝えたい、一つ目のアドバイスは、こうだ。

 

「若い頃から孤独と向き合う、長考の歴史は、あなたの確かなものになる」

 

だから信じて欲しい、と。

 

メディアパワーと、実態のパワーは大きく違う

 

正直、今でも人間に関しては、わからないことが多い。

 

特に「嫉妬」という気持ち。そもそも、嫉妬深い、それは罪深いことなのだろうか。嫉妬心は「他人の足を引っ張る原動力」にもなる。一方で「熱望するもの」があるということだ。あるいは、上を目指している、とも解釈できる。

 

若い頃には、嫉妬を根本的にゼロにすることは、現実的には難しいかもしれない。長い教育過程でできた「比較する癖」を治す、それには、人生をもう一度リセットするレベルでやり直しが必要だ。だが、1つだけアドバイスできるとしたらこれだ。

 

 メディアパワーと、実態のパワーは大きく違う

 

自分自身がメディアを運営するようになり、これは確信に変わった。メディアに出る量と、実力は必ずしも比例しない。世の中には「メディアに出ているけど、本当は、すごくない人」も多く存在するし、その反対も多く存在する。だから、メディアのパワーだけを信じてはいけない。それは実態の伴わない嫉妬だからだ。幻想だ。

 

メディアパワーだけを、信じるべきではない、これが言いたいことだ

 

アウトプットとは、「全体の富を増やす行為」

 

ただ、振りかえってみて、あの頃、気づいていなかったこともある。それはインプットとアウトプットの関係だ。具体的には

 

 インプットするだけでは、絶対に逆転しない

 

ということだ。長期に渡って業界でトップを走り続ける人で、インプットだけしている人を今のところ見たことがない。

 

では、アウトプットとは何か、というと、勘違いされがちだが、アウトプットとは「情報を発信すること」ではない。アウトプットとは「全体の富を増やす行為」だ。仮にあなたが何かを発信しつづけても、それが全体の富を増やさない限り、それは実質的にはインプットだ。この世界の謎を見つけ、解き明かし、世の中を改善すること、それがアウトプットと呼ばれる行為なのだ。

 

「全体の富を増やす行為」、これがあなたに必要なプロセスだ。

 

なぜ人は、アスリートの言葉を求めるのか?—ようやくわかった

 

今になり、分析してみると、嫉妬が発生するには、間違いなく条件がある。それは「遠すぎない、距離感」だ。普通の人が、浅田真央を見ても嫉妬しないのは、あまりに遠すぎるからだ。性別も年代もフィールドも才能も違う。だから嫉妬したくても、できない。

 

一方で、同じ会社の同期や、兄弟はあまりに「近すぎる」。だから自分と比較しやすくなる。そして自分に「確かなもの」がないとき、その気持ちは、悪の方向に進む。これが嫉妬だ。

 

最近思うが、アスリートが社会に必要である理由もこの「距離感」ではないかと思うのだ。スポーツは身近でありつつつも、アスリートという「職業」は、自分とは全く世界が違う。ちょうどよい距離感だ。彼らの言葉であれば、素直に聞くことができる。そして目標に向かって進む姿は、多くの人にエネルギーを与える。

 

何が言いたいか?

 

21歳の自分に伝えたかったことはこれだ。「嫉妬と恐怖」が組み合わさった環境を、決して作ってはいけない。そのために必要なのは3つだ。

 

1、孤独と向き合う、長考の歴史は、あなたの確かなものになる

2、全体の富を増やすという意味で「アウトプット」を行え

3、近すぎないライバルを持て

 

▼告知▼ 

さて、1月21日に為末大さんとのトークイベントを行います。

すでに50名以上の方から応募頂いており

 

【残り3席】

 

だけ追加で募集しています。ご興味ある方がいればぜひご応募ください。

 

goo.gl/EjFud8

1/21(日)@東京港

「好きを仕事にする」理由、ロジカルに説明できますか? 為末×北野

 

トレードマークの“あご髭”に手を当てながら、為末さんは呟いた。


自分の人生を生きる、これにしよう

 

テーマが決まった。今年の夏にインタビューしてから半年。何回か打ち合わせを経て、対談のテーマが決まった。そして先週末、中目黒で、15名限定のトークイベントを行った。議題はもちろん「自分の人生を生きること」だ。

 

f:id:yuiga-k:20171218170818j:plain


イベントの帰り道、僕はぼんやり考えた。根本的な問題はどこにあるのだろうか。言い換えれば

 


「なにが、人々を、不安にさせているのだろう?」と。

 


結論から言おう、現代のビジネスパーソンを不安にさせている原因は

 

 どの世界でも自分らしく生きていける、そんなイメージが湧かないこと。

 

に、違いない。


どういうことか?


世界はグローバルカンパニー、ローカルチャンピオン、フリーライダーに三分されていく

先日、面白い記事を読んだ。孫正義と、(当時は後継者と言われていた)ニケシュとの対談だ。

 

孫:まあ、私はサービスやコンテンツというところではローカルチャンピオンが強いと思っています。ここに好機があると思います。例えばインド、日本、中国。こういったところは十分なサイズの国ですから、ローカルの創業者にチャンスがあります。(以下略)

http://logmi.jp/106598

  

僕はこれを読んだ瞬間に「まさにその通りだ」と感じた。ソフトバンク自身は間違いなく “グローバルカンパニー”を目指している。一方で現代は、“ローカルチャンピオン”の時代でもある。卑近な例でいうと、Youtuber、オンラインサロンを代表とされる「個人」の時代だ。これらは一見すると矛盾する流れに見える。だが、世界が「3つに分断されていく」と考えると、整理が付く。 

▼世界は3つに分類されつつある

・グローバルカンパニー ……世界的に展開する企業。流通コスト、規模の経済で「最強の合理性」を持っている

・ローカルチャンピオン ……「共感」や「感情」をもとに価値を出す企業。コンテンツやサービス領域以外の産業は淘汰される。

フリーライダー ……国や地方自治体などの補助がなければ、実質的に生きていけない人たち。

 


簡単に説明するとこうだ。


今後、“グローバルカンパニー”が、ほとんどのローカルな企業を統合していく。ローカルな企業は「合理性」では彼らに勝てない。だが「共感」や「感情」を軸にしている部分だけは勝てる。それに勝ち抜いた人々は「ローカルチャンピオン」として生き残る。一方で、ローカルな企業から溢れ出した人は失業し、社会保障によって生きていく。つまり「ただ乗りする人」(フリーライダー)だ。


そして、言うまでもなく“フリーライダー”を、理論上可能にするのは、ベーシックインカム論議だ。グローバルカンパニーが、人類の無駄を圧倒的に排除することで、これまで「ローカルな企業」として働いていた人は、フリーライダー”として生きていく事ができるようになる。あるいは、「生きていかなければならない」。これが


世界は3つに分断されていく、ということだ。

 

問題は「どこにも置いてけぼりの、僕」という存在

世界のこの流れは、凄いことだ。資本主義と社会主義ミックスされたような「究極の形」に近い。それは合理的であり、止めることは難しい。だがミクロで見た時、問題は別にある。問題は



という存在なのだ。言い換えれば、世界が変わり行く中で、自分だけが追いつけていけていない感覚。これが問題なのだ。


 多くの人が実は「グローバルカンパニーの中で生きて行くことに、違和感」を感じはじめている

想像してほしい。あなたは、自分がグローバルカンパニーで働くイメージができるだろうか。本屋が潰れ、地元の友達が「Amazonで働くイメージ」は湧くだろうか。ドメスティックに生きてきた日本人にとって、グローバルカンパニーで働くことは、全くイメージできないことなのだ。


では、そんな頑固な僕らは、どうやって生きて行くことができるのだろうか?
それが2つ目の「ローカルチャンピオンとして生きて行くこと」だ。だが、ここにも問題がある。


ローカルチャンピオンの価値は、「共感」や「感情」にある。そもそもタレント業や、キャバクラなどの感情労働が存在しているのは「共感するもの」は、ビジネスになるからだ。そして、ローカルチャンピオンとして生き残る為に必要なのは


 好きなものを持っていること


なのだ。Youtuberの「好きを仕事にする」、ホリエモンの「仕事は遊びになる」という言葉が分かりやすい。ローカルチャンピオンは「好きなものを持っている人」が最強なのだ。


でもこれは日本人にとっては簡単なことではない。日本人は「好きなものを持つトレーニング」を受けてこなかった。したがって、グローバルカンパニー、ローカルチャンピオンにもなりきれない。その事実に不安なのだ。


「Fearとdanger」は違う:リスクを正しく認識する機会が必要

為末氏は対談の中で、何度か、「Fearとdanger」は違う、という話をした。これは間違いない。僕らは、危険(danger)を正しく認識出来ない。必要以上に、恐怖(fear)を感じる。


だが、本来はこの「安全であるか」という心配は、不要なはずだ。なぜなら、それを解消するのが、ベーシックインカムの考え方だからだ。公務員の費用を極限まで削減し、コストを再配分する、結果、全ての人が最低限生きて行くことができるようになる。この構造を理解していないから、なんとなく不安になるわけだ。現代において大事なのは「Fearとdangerを分けて考え、正しくリスクを認識すること」なのだ。

 

 

 1/21(日):第二回、為末大×北野唯我トークイベントをやります。

1回目のイベントを終えて、僕らは打ち上げをした。飲み会も終わろうとしていたとき、為末さんから、興味深い発言があった。こうだ。


2020年から、日本のセカンドキャリアが始まる

 

これは的確な指摘だ。テクノロジーは進化し、変化のスピードはかつてないほどの早くなった。そんな中で僕らは、“自分の人生を生きること”を急に求められはじめている。勘の鋭い人達はもう気付き始めている。そしてそんな人達を集めて、議論できる場が求められている。


自分でいうのもなんだが、為末さんや(もう一人の相方である)高木新平と、僕は、比較的良い組み合わせだと思う。彼らはアイデアフルだ。その拡散された思考を、僕が構造的に捉え直す。自分が参加するイベントは、単に不安をあおるだけのイベントではなく、できるだけ「構造的に」そして「建設的に」進めていきたいと思う。


第一回は、満足度9.0点/10点、「また参加したい」という人が94%だった、為末さんとのイベント。後悔することはないかと思います。一緒に議論し、知恵を貸してくださる方を探しています。

 


イベントの詳細はこちらから

 

f:id:yuiga-k:20171218170931j:plain

 

プロボノメンバーも募集しています 

 

 

「25歳以降」は挑戦できない。 あまりにも早く「会社との結婚」を求められる僕たち

  

UFJの預金残高は、赤信号を灯していた。

 

もともと数百万円以上あった貯金残高は、ついに7万円を切った。そして俺は今、無職、26歳。握りしめた手には「夜行バスのチケット」以外何もなかった。

 

新宿駅のバスターミナルに降り立ち、朝日を見ながら俺は悟った。

 

—「レールから外れること」

 

これは日本でいうと、死を覚悟することだった。もちろん、これだけ社会保障が発展した国において、現実的な「死」の感覚はない。「ビジネスパーソンとしての死」だ。肌がヒリヒリした。

 

そもそも、資本主義の社会には、3つのプレーヤーが存在する。(1)投資家、(2)経営者、(3)従業員だ。そして無職の俺はどのレイヤーにも所属していなかった。そしてそこに戻れる見込みは、限りなく0%に近いように見えた。

 

社会から「お前は不要である」というレッテルを押し付けられた気分になりながら朝の地下鉄に乗ると、不思議な感覚を覚えた。普通に大企業で働き、文句を言いながらも「毎朝出社する場所がある人」がやたらに羨ましく見えたのだ。

 

地獄の底から見えるサラリーマンは、一瞬だけ輝いて見えた。

 

レールから外れることが、これだけデメリットになる国はない

 先日、25歳の男の子と出会った。彼は若いころにいろいろ苦労し、今まさに、新しいスタートを切ろうとしていた。「25歳はギリギリですよね」と語る彼は、素晴らしい出会いに恵まれていたが、多くの人はそうはならない。

 

これはデータを見るとわかりやすい、「離職期間が長いこと」は資本市場で死ぬための、大きなファクターになりえる。顕著なのが女性で、一度離職した人が正社員に再雇用される割合は、国際的に見ても低い。実際、転職に成功した人のうち、10ヶ月以上の離職期間がある人は全体の8%弱にとどまる*。

*1……平成27年転職者実態調査の概況|厚生労働省より

 

だが、これはおかしな話だ。もしも、1年の離職期間が影響を与えるのだとしたら、留年や浪人はどうなるのだろうか。出産と育児休暇はどうなるのだろうか。

 

金融機関をはじめとして「ブランク」を気にする企業は多く、僕らは完璧であることを求められている。だが、人生100年時代において「1年」など、誤差の範囲であるはずだ。

 

「25歳以降」は挑戦できない。あまりにも早く「仕事との結婚」を求められる僕たち 

もう少しデータを丁寧に見たい。そもそも「仕事を変える」とはどういうことだろうか。1つは「業種を変える」ということであり、もう1つは、「職種を変えること」だ。そして日本は後者、つまり「職種選び」がとても難しい国だ。

 

その理由はシンプルに「職種を変えること」が、25歳を超えると、とても難しいことだ。

 

f:id:yuiga-k:20171116150202p:plain

異業種・異職種転職の実態 |転職ならDODA(デューダ)

 

だが問題は別にある。それは、この「職種」をコントロールできる権利が、実質的には企業がもっていることだ。日本のほとんどの企業は「総合職一括採用」を行っている。この制度は、入社してから配属が決められる制度であり、すなわち、入ってから「何するか決まる」わけだ。

 

言うならば「君はXX商事に勤めたいのであって、マーケティングがしたいわけではないよね?」と問いかけられているわけだ。

 

そしてあみだくじで選ばれた場所に不服があれば、25歳までに早急に声を挙げる必要がある。それ以降は遅い。かつて元Googleの村上氏はこう語ってくれた。

 

:村上さんは、これまでのキャリアを通じて、数々の意思決定をしてきたと思います。学生にとって、就職活動は、人生初めての大きな意思決定の機会です。正解が見えないなか、意思決定をするうえでの秘訣はなんですか。

 

村上:私は、人生は「あみだくじ」だと思っています。つまり、選んだことがないのに、そっちを選ばなかったことを後悔するなということです。もしかしたら、そっちの道の方がもっと酷かったかもしれないわけだし、自分の決断を後悔することはやめなさいと。あとは、どんな選択をしても、その選択の結果として手に入れられることは、すべて手に入れ、身につけろというふうに思っていますね

 

www.onecareer.jp

 

そう、キャリアとは、あみだくじなのだ。

 

年上が語る価値観に違和感を感じても、それは全く変ではない

仕事選びは、ときとして「家族」を巻き込むことが多い。親は子を心配し、子どもは親に心配をかけたくないと願う。両方とも思いがあり、無知であるがゆえにおきる衝突。だが、必ずしも、年長者がキャリア選びに対して、聡明であるとは限らない。むしろ新鮮な感覚を持ち、社会のトレンドを捉える力は、若い人こそ強い。つまり

 

大企業で違和感を感じること

 

それは、全くもって異常なことではないのだ。50年以上前に作られたビジネスや、制度システムが、今の僕らの肌感覚に合っている保証はなにもない。50年前に作られたものといえば、「白黒テレビ」であり、あなたは白黒テレビで「YouTubeを見ろ」と言われたら、どう思うだろうか。アプリケーションは変わる、だが、インフラはそう簡単には変わらない。単純にそれは「組み合わせの問題」でしかないのだ。

 

大企業で働けないこと、

 

それを周りに言うと「変だと思われること」。これは決して、あなたの感覚が変なのではないのだ。むしろ、既存のシステムに違和感を感じれる、天才である可能性も十分にあると思うのだ。僕は彼にこの言葉を送りたくなった。